google-site-verification: google7d63d4ae4f776a04.html

【天変地異】古代アジアの異変(太陽編)

こんにちは、ワカマツです。 「天変地異」という言葉の「天変」とはなにか。 天空に現れる変事、天象の怪異で、日・月・星・辰・雷・雲・風・雨などの異変の総称として使われています。 天の下の地の異変の対語ということですね。 中国周の時代に、これらに異常の変動があると、巫祝官がこれを占って、その吉凶を判別していました。 では、どういった現象が「天変地異」とされていたのか、をあげて見ます。 ●天が怒って、五 […]

名湯【下呂温泉】飛騨商人のふるさと

こんにちは、ワカマツです。 いわずと知れた日本三名泉のひとつ「下呂温泉」、山間に湧き出る泉温は最高84度にも達し、日本でも有数の高温湧出量を誇る名湯として知られています。 私がこの温泉郷を初めて訪れたのは今から23年前、諏訪湖のほとりに栄える下諏訪温泉に宿をとり、塩尻峠を越え、木曽路へと入り、妻籠・馬籠を見てまわり、中津川の手前から木曽川を渡り、下呂へと入って行きました。 山間に宿る温泉郷は、いか […]

キリシタン弾圧、踏絵と島原の乱

こんにちは、ワカマツです。 前回の記事で(江戸時代の独占オランダ交易の背景)の冒頭で、私がキリシタンであるということを書きましたが、もちろん自分が好きで選んだ宗教ではありませんでした。 親がカトリック教徒で、その流れを酌み、ごく自然に生まれたときから、私はカトリック教徒として人生を歩んできました。 母親は長崎県の五島出身で、隠れキリシタンの流れを酌む家系でした。その中で幼いころに洗礼を受け、毎週日 […]

江戸時代の独占オランダ交易の背景

こんにちは、ワカマツです。 私自身がカトリック教徒であるということを、まずお伝えしておくとともに、現代においては誰もが宗教を自由に選ぶことができ、また、それを批判することは決して行ってはいけないと考えております。 江戸時代の貿易に関する事項を語る時に、キリスト教の布教活動と貿易が密接で、不可欠であったのは言うまでもありません。 この当時の日本ではキリスト教の信仰は、現代でいう新興宗教であり、神道や […]

【環境問題】リサイクルと買い取りについて

こんにちは、ワカマツです。 最近、リサイクル市場の拡大が拡大しているという記事を新聞で目にしました。 ブログ内でも色々な広告を載せていますが、ほとんどが旅行に関する広告でした。大手旅行会社を経由して旅行に出かけるのも、ひとつの選択肢であり経費の節減になります。 例えば、個人が直接宿泊予約を旅館やホテルにするのとでは、宿泊内容やそれにかかる金額も大きく変わってきます。 私もこのブログで色々な場所を紹 […]

【豊臣秀吉】姓氏のこだわりと、それに懸けた戦略

こんにちは、ワカマツです。 日本の歴史の中で、これだけ出世した人はいないだろ、といわれぐらい、地位と名声、そして財をなした「豊臣秀吉」。 天下人そして太閤という最高の格付けを成した秀吉ですが、残念ながら完全な日本統一は叶いませんでした。 戦国時代の終焉とまで言われた豊臣政権ですが、46歳で「本能寺の変」が起こり、時代は一気に秀吉へと走り出しました。 62歳で他界するまで、日本の統一、そして海外まで […]

名湯【草津温泉】の歴史と開湯伝説

こんにちは、ワカマツです。 観光経済新聞が毎年発表している「2019年日本の温泉ランキング100選」、その中で、17年間トップの座を明け渡すことなく君臨する「草津温泉」。 町の中心街にある「湯畑」を草津温泉のシンボルとして、いろいろなイベントも開催され、誰もが一度は訪れてみたい温泉郷ですよね。 草津温泉の湯は、基本的には「酸性泉」ですが、源泉によっては非常に酸性度が高く、殺菌などの殺菌効果も高いと […]

健康とストレスとの関係(爺のひとり言)

こんにちは、ワカマツです。 近頃は、健康年齢という言葉をよく耳にします。 誰もが生涯を通して毎日健康でいられるとは限りませんが、日々、現代社会の中で、ストレスを強く感じながら生活をしている方も多いですよね。 毎日疲れを感じて生きていくことが、自分自身の身体にとって決していいことではないはずです。誰もが仕事や運動の中で身体を動かせば疲れを感じてくるのは当たり前です。 疲れをためるのではなく、すぐに回 […]

【秋月の乱】に見る幕末の志士たち

こんにちは、ワカマツです。 福岡県朝倉市に位置する「秋月」、春は杉の馬場に代表される桜街道、200本以上もの桜の木が咲き誇り、秋月城址へと続く道を桜色に染めてくれます。 また、秋には黒門周辺のもみじが、目が痛くなるほどの色彩を見せ、周りの景色おも紅色に変え、多くの観光客の足を止まらせ、見る人々の心を魅了していきます。 この秋月は、国指定の重要伝統的建造物群保存地域に選定された城下町で、武家屋敷や城 […]

お市の方(織田家の家系図)

こんにちは、ワカマツです。 「お市の方」はみなさんご存知だと思います。定説としては、織田信長の妹であり、小谷(おだに)の方、もしくは小谷殿とも呼ばれています。 このお市に関しての記録や史実史料が非常に少なく、特に幼少のころの記録はほとんど残っていません。また、生年月日や浅井家に関しても、事実上、確定した史実とはいいがたい面があります。 政略の具として浅井長政と柴田勝家に嫁し、北ノ庄城の炎の中で生涯 […]

1 7