google-site-verification: google7d63d4ae4f776a04.html

【日本の歴史】ウソのようなホントの話(奈良時代1)

こんにちは、ワカマツです。 今回から奈良時代に入っていきます。古代と奈良時代の実質的な区分というのはなく、けっこうあいまいな時代でもあります。そこらへんはあまり気にせずに書いていきます。 スポンサーリンク 🔶平城京の張り出し部分は皇子の自宅であった 唐の長安をまねて建設された平城京は、東西4.3キロ、南北約4.8キロの地域に街区を設け、その北端中央に、東西1.2キロ、南北1キロの平 […]

【日本の元号】災いから見る改元事情

こんにちは、ワカマツです。 平成年間もいよいよ終わりが近づいています。残すところ4ヶ月余りですが、日本にとって元号は、まさに象徴的で存在感のある呪力にも勝るものであると感じます。 西暦だけにしてしまえば何も考えなくて済むのでしょうが、あえて東洋的存在価値の中でいうならば、日本創生神話から続く神道の象徴と言えるのではと思います。 さて、次の元号は何なのか、4月1日に発表になりますが、とても気になると […]

【自然災害】安政の大地震

こんにちは、ワカマツです。 「安政の大地震」とよく歴史上で表記され、江戸を中心に起きた地震のことに思われがちですが、この安政年間で起きた地震は南海トラフが大きく動いた時期でもありました。日本中に多大な被害を与えた「安政の大地震」、今回はこの地震をテーマに記していきます。 🔶日本中を巻き込んだ「安政の大地震」 ■幕末における連動した地震災害 幕末の歴史を語る時、必ずと言っていいほどイ […]

【大政奉還】徳川慶喜が返上したものは!?

こんにちは、ワカマツです。 大政奉還は一般的によく知られている歴史上の史実であるが、一概に学校などで習ったことが正しいかといえばそうではない。概要的にはわかっていても、その中身がまったく違う場合もありうる。では、徳川慶喜の真意は何だったのか、今回はその大政奉還について記していきます。 疑惑に満ちた「大政奉還」、教えられている歴史的史実とは異なった意味合いが込められていたみたいですね。 スポンサーリ […]

【心のゆとり】そして継続する力

こんにちは、ワカマツです。 今日は持論(私的)ですが、自分にとっての「心のゆとり」ついて考えてみました。ブログを書く作業というのは孤独との戦いかもしれません。ある意味、引きこもりになりがちです。 もくもくと続ける資料集め、また書けない、そして繋がらない文章の悔しさ、そんなことばかりの繰り返しで嫌になる時があります。 スポンサーリンク 🔶「心のゆとり」とは!? ■自分との戦い 「心の […]

【日本の歴史】ウソのようなホントの話(古代編3)

こんにちは、ワカマツです。 ウソのようなホントの話古代編の第3弾ですが、日本の歴史書の中で文献的にもっとも古いのは、712年に編纂された『古事記』です。主に全国にあった各地方の『風土記』を集めて編集されたみたいですが、改ざんされたり、除外された部分もかなりあるので、つじつまが合わないということです。 スポンサーリンク 🔶女が鳴らす弓の音を聞いて恐れた蝦夷の大軍 『日本書紀』には、舒 […]

【日本の歴史】ウソのようなホントの話(古代編2)

こんにちは、ワカマツです。 「ウソのようなホントの話古代編」の第2弾として書いていきますが、古代も現代も同じ人間の考えること、また、行動を起こすことはほとんど変わっていないような気がします。 スポンサーリンク 🔶「大悪天皇」と呼ばれていた雄略天皇 『日本書紀』には、雄略天皇は何事も一人で決める性格で、しばし誤って人を殺したので「大悪天皇(はなはだあしくましますすめらみこと)と呼ばれ […]

【防災対策】から見る、「南海トラフ」の怖さ

こんにちは、ワカマツです。 2018年、平成最後の年ですが、今年は全国的に自然の猛威にさらされた年でもありました。7月の西日本豪雨、8月から9月にかけての大型台風の上陸、そしてダメ押しを食らわせるかのような北海道胆振東部地震、まさに自然災害の当たり年でもありました。 また近頃では「南海トラフ」についての記事が多く乱れ飛んでいます。気象庁が今年になって発表した「30年以内に70%~80%の確率で発生 […]

【日本の歴史】ウソのようなホントの話(古代編1)

こんにちは、ワカマツです。 「ウソのようなホントの話」というカテゴリー第一弾として、書いていきます。歴史物のあまり難しいことばかり書いても面白くないと思うので、こういう面白い裏話もいいのではないでしょうか。 🔶大便を我慢して出雲から播磨まで歩いた大国主命 『播磨国風土記』に面白い話が載っていた。大国主命(おおくにぬしのみこと)と少彦名命(すくなびこなのみこと)とが言い争いをした。重 […]

【自然災害】三陸津波の歴史から見た「東日本大震災」

こんにちは、ワカマツです。 みなさんも記憶に新しいとは思いますが、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、マグニチュード9.0、発生時においては観測史上最大の地震とされています。 この地震により場所によっては津波の高さが10メーター異常にも達した地域もあり、壊滅的な被害をもたらした自然災害であったということです。 何よりも大きな衝撃だったのは、この津波の影 […]

1 3