google-site-verification: google7d63d4ae4f776a04.html

【太平洋戦争】戦艦大和の致命的弱点!?

【太平洋戦争】戦艦大和の致命的弱点!?
こんにちはワカマツです。こんにちは

 

今日は自分の趣味でぼちぼちとやっている歴史調書から、太平洋戦争勃発時直後に完成した世界最大の戦略軍用艦、戦艦「大和」のことについて、記していきます。

🔶世界最大の戦略戦艦【大和】

■「大和」概要

●基本情報

建造所 日本の旗 日本、呉海軍工廠
運用者 大日本帝国海軍
級名 大和型戦艦
建造費 約137,802,000円(1936年3月 艦政本部試算)

●艦歴

計画 第三次海軍軍備補充計画
起工 1937年11月4日
進水 1940年8月8日
就役 1941年12月16日
最期 1945年4月7日、九州坊ノ岬沖にて沈没
除籍 1945年8月31日

●要目

排水量 64,000トン (基準)
69,000トン (公試)
72,809トン (満載)
全長 263.0m
水線長 256.0m
幅 38.9m
吃水 10.4m
ボイラー ロ号艦本式缶12缶
主機 艦本式タービン4基4軸
出力 153,553馬力
最大速力 27.46ノット[2](公試成績)
航続距離 16ノットで7,200海里(13,334km)
乗員 竣工時:2,500名
最終時:3,332名
兵装
新造時
45口径46cm3連装砲塔[3]:3基
60口径15.5cm3連装砲塔[4]:4基
40口径12.7cm連装高角砲:6基
25mm3連装機銃:8基
13mm連装機銃:2基

最終時
45口径46cm3連装砲塔:3基
60口径15.5cm3連装砲塔:2基
40口径12.7cm連装高角砲:12基
25mm3連装機銃:52基
25mm単装機銃:6基
13mm連装機銃:2基
装甲 舷側 410mm
甲板 200mm?230mm
主砲防盾 650mm
艦橋500mm
搭載機 7機(カタパルト2基)



■「大和」の主砲

戦艦「大和」は46センチ三連装主砲を前部に2基、後部に1基備えていた。この砲塔は鉄板の厚さが前面650ミリ、側面250ミリ、背面190ミリ、天井270ミリという頑丈なもので、重量は実に2.774トンに達しました。

 

主砲等をこれほど頑丈にしたのは、単に主砲が破壊されることを恐れたためだけではありません。主砲の直下にある弾薬庫の誘爆を恐れたからです。

 

そもそも当時の戦艦は20.000メートル以上の遠距離から敵戦艦と撃ち合うことを想定して設計されていました。このような遠距離での砲戦では、砲に仰角をかけて射撃するから、砲弾は放物線を描いて空中を飛び、最後は垂直に近い角度で落下してきます。

 

この砲弾が、命中から若干の時間をおいて発火する遅動信管(ちどうしんかん)をつけた徹甲弾ならば、砲塔の天井を貫いて弾薬庫に達し炸裂します。

 

一個の砲弾に装填されている火薬は少ないから、その炸裂だけならば直ちに致命傷となることは有りませんが、弾薬庫で炸裂すれば当然弾薬を誘爆させます。

 

こうなれば万事休すで、イギリスの戦艦「フッド」やアメリカの戦艦「アリゾナ」、日本の戦艦「陸奥」のように、船体が切断するほどの損傷をうけて沈没してしまいます。

 

また、敵弾が直接弾薬庫まで達しなかったとしても、砲塔内で炸裂すれば、砲塔内に準備された弾薬を誘爆させる恐れがあり、その火が弾薬庫に移る可能性も高いのです。

 

一般に、戦艦の主砲塔が頑丈なのは、このように弾薬庫の装甲も兼ねているからです。「大和」の場合は、46センチ砲弾の直撃に耐えることを前提として設計されたため、異常とも思えるほど頑丈に造られたわけです。



■「大和」の致命的弱点

この主砲塔をはじめとして、「大和」にはさまざまな防御工事が施されていました。防御装置を扱う乗組員も厳選されていて、対空火器なども当時としては優秀なものを備えていたと聞きます。だから「大和」は不沈艦と呼ばれました。

 

現実には、「大和」は昭和20年4月7日、沖縄へ進撃中に攻撃をうけて、約2時間の戦闘で沈没しているから不沈艦ではなかったことにはなりますが、沈没までに魚雷12本以上、爆弾10発以上をうけたと推定されていますから、姉妹艦の「武蔵」と同様、驚異的に頑丈な軍艦であったことを証明しています。

 

ところが、この「大和」には、意外なところに弱点があり、ただ一発の徹甲弾で爆沈する危険性を抱えていました。その弱点とは副砲塔でした。

 

「大和」は副砲として15.5センチ三連装砲4基を前後左右に1基ずつ備えていました。(後に左右の副砲は撤去した)
この副砲は、主砲と違い新規に設計されたものではなく、「最上」級巡洋艦の主砲を流用したものでした。これには次のような事情があったといいます。

スポンサーリンク



昭和5年の「ロンドン軍縮条約」で、日本は20.3センチ砲搭載巡洋艦の保有に非常な制約を受けることになりました。

 

そこで海軍はとりあえず15.5センチ三連装砲5基搭載の「最上」級巡洋艦4隻を建造し、そして条約の切れるのを待って、これらの砲を20.3センチ連装砲に換えました。取り外した砲は「大和」の副砲に流用したというわけです。

 

この砲は軽快で命中精度もよく、仰角をかけて対空射撃もできたから、評価は非常に高かったといいます。
ただ、巡洋艦の主砲としてされたものだけに、砲塔の装甲は25ミリと薄く、これは当時の戦艦の主砲弾に耐える厚さではなかったのです。

 

「大和」が遠距離で敵戦艦と撃ち合った際、敵の主砲の徹甲弾が副砲に直撃すれば、副砲塔の天井は確実に貫通されてしまいます。

 

「大和」では、副砲塔とその下にある副砲弾薬庫の間には200ミリの装甲があるから、敵弾はそこで阻止される公算が大きいですが、少なくとも砲塔内は火の海になります。

 

そこで問題なのが、砲塔と弾薬庫の間に弾薬を運び上げる揚弾筒(ようだんとう)があることで、これは200ミリの装甲に穴を開けて通してあります。

 

したがって砲塔内の火災は、揚弾筒を通って弾薬庫に達する恐れがあるということです。さらに最悪な場合、砲塔を貫いた敵弾がこの穴を直撃することも考えられます。ここで敵弾が炸裂すれば弾薬庫の誘爆は必至であり、それは艦自体の爆沈につながるということです。

 

前後部の副砲は、それぞれ主砲の背後に配置されており、当然、両者の弾薬庫も接近しています。したがって前後部の副砲弾薬庫の爆発は、直ちに主砲弾薬庫の誘爆を招きかねず、そうなれば「大和」は確実に爆沈すると考えられていました。

これに気づいた海軍は、副砲塔の強化を図りましたが、防御強化で重量が増せば副砲としての軽快さが失われるし、実際に改良工事の余裕もありませんでした。そこで揚弾筒部分の補強をするだけで、残念ながら副砲塔自体の強化はなされなかったということです。

■「大和」まとめ

 

さて「大和」は沖縄に出撃して爆沈しましたが、沈没する際、転覆と同時に大爆発を起こしています。
その原因については、戦闘開始直後に後部副砲塔付近に爆弾が命中して火災が起こり、その火が転覆時に副砲の弾薬庫を通って、副・主砲弾薬庫を連続誘爆させたという説が有力です。

 

これが正しければ、海軍関係者の危惧は最後に至って現実のものとなったことになります。いずれも戦闘時には弾薬がどこに当たるかは誰も把握できません。

 

むしろ、開戦当時は世界でも最高の海軍力を誇った日本帝国海軍が、ほぼ1年半の間で90%以上の戦闘力を失った背景には、緻密な情報収集をしなかったことが大きな要因であり、大本営の愚かな考え方が、悲惨な状況へと導いたということです。
今日は最後までお読みいただきありがとうございました。(SORA2018事務局)

スポンサーリンク



※旅行に関するブログです。興味がある方は覗いてください。