google-site-verification: google7d63d4ae4f776a04.html

【二・二六事件】闇の暗黒裁判

【二・二六事件】闇の暗黒裁判

こんにちは、ワカマツです。こんにちは。

元々は、この「2・26事件」のことを当時では、「帝都不詳事件」と呼んでました。

陸軍の派閥の一派であった皇道派の影響を受けた一部青年将校らが、1483名の下士官兵を率いて起こしたクーデタ未遂事件ですが、今回はこの事件の中でも余り表に出ていない事項を記していきます。

■2・26事件の経緯

反乱軍の兵士たち

2・26事件は奇妙な事件だと思います。

陸軍部内の一部が、陸軍全体の決起勢力に同調させ、そのことで政府の変更や国家形態の転換を目論んだ決起事件でありながら、現実には、決起勢力の皇道派とその同調グループを弾圧した真の政治勢力である宮中グループを引きずる形で、陸軍の別の一派である統制派が事件後、権力を把握しました。

結局、陸軍はこの事件をバネにし、政党勢力を抑圧し、宮中グループの力をそぎ、日本の政治自体を動かすまでになりました。



2・26事件は、決起勢力からみれば、惨さんたる失敗、敗北でしたが、陸軍の政権掌握という彼らの第一の目的は、同部内の反対派によって実現をみたので、結果的には成功という奇妙な事態になった事件でもありました。

昭和5年(1930)初頭から急激に台頭しつつあったファシズム勢力は、この2・26事件後の陸軍の政治権力の掌握過程に同調協力し、決起勢力の決起勢力の敗退はおおむね無視されました。

そして、それは、世にいう「暗黒裁判」が、軍事裁判としてさえ例外的なほど、一切の同調者の介入を許さない形式においてなされたことに関係があったように思えます。

昭和11年2月28日、陸軍首脳は決起部隊の武力討伐に踏み切った。元来、陸軍内部の空気は、決起に好意的ではあったが、天皇の激怒が伝わってからは、首脳部の間でむしろ処理の方策が問題化していった。

29日、戒厳司令部は、ビラをまき、アドバルーンを上げ説得に入った。あくまで抵戦の意思をすてないなら、武力で鎮圧するとし、佐倉や甲府の部隊を東京に呼び、戦闘態勢をとっていた。

深夜にわけもわからずに動員された決起部隊の下士官や兵たちは、たちまち動揺し、士官の一部もくだけ、ついに帰順してしまいました。

天皇の軍隊」が「天皇の命令」に、長く抗しうるはずがなかったのです。

決起軍幹部は29日夕方、東京憲兵隊に逮捕され、東京衛戍刑務所に送られました。軍の不祥事は軍内で処理するというわけで、参加者の拷問は憲兵隊によって行われ、事件の処理は、軍法会議でなされることになりました。

司法部はいかにも無力で木内検事のように、当初より、特設の軍法会議に任せてしまおうと考える者さえもいたそうです。さすがに検事局もまったく抵抗せずに、沈黙したままだったといいます。

スポンサーリンク



■暗黒裁判の真相

226事件の当時の新聞記事

3月4日、東京陸軍軍法会議がそのために設置されましたが、驚くべきことは、それが緊急発令によるものであったことです。

そうして「特設」の意味が強調され、それは裁判というよりは、一方的な圧殺形式であったということに加え、非公開でおまけに一審のみ、さらには弁護士無しという、合法的に、かつ、円滑に「死刑」を言い渡す場所をつくったということでしょう。

結局このことが「暗黒裁判」という名を生み出すことになりました。

一例を挙げると、指導者のひとりである「香田清貞」(歩兵第一連隊・大尉)は「叛乱罪首魁」の容疑起訴され、4月28日に裁判開始、6月4日に求刑が出され、7月5日に死刑判決、実に驚異的なスピード判決でした。

裁判官は「石本寅三」(陸軍調査班長・騎兵大佐)、法務官は「藤井喜一」(近衛師団)、判士は「村上宗治」(歩兵少佐)、「河村参郎」(軍務局付・少佐)、「間野俊夫」(東京大学聴講生・大尉)。

陸軍は自らの恥部を恥部として言えず、公けのものとなしえなかったのです。いうまでもなく、公開裁判をすれば決起軍側は、それまでの軍内部の派閥の存在やその抗争ばかりか、過去に闇に葬られた「3月事件」・「10月事件」の存在を暴露するだろうし、その結果、当時の陸軍首脳のクーデタ計画への関与が、明白なものとなるのは時間の問題であったに違いない。

したがって、陸軍全体が、5年も前からこれと似た決起計画を持ち、政党勢力の追い落としを策していたことが明らかになり、これらがすべて公表されてしまうと、事件後の陸軍の政界への進出どころか、軍自体が激しい指弾の対象となり、最終的には、護憲運動の再発さえ考えられないことではなかったような気がします。

結局のところ、考えだしたのは非公開でいち早く邪魔な者は「闇に葬る」という手段であり、事件後の政界進出のためにも、絶対的にこのやり方でやらなければならなかったのです。

軍首脳は、いわば、決起勢力の口を一切封じ、同調的だった「皇道派」の将官や左官を予備役にまわし、あるいは中央から追放し、こうすることによって、軍の不祥事への反省を示して見せ、その一方で裁判自体には、一般の介入を一切拒み通したわけですね。

指導的士官と数人の民間人19名は死刑にされました。下士官や兵は、二度とかかる運動に関与することは不可能にされました。

決起した青年将校や、彼らに同調した民間勢力の声は、こうしてまったく闇の中に葬り去られてしまったのです。



■2.26事件「暗黒裁判」まとめ

226事件慰霊碑

かくして、一派を処断した陸軍中央部の力は、次第に政界に伸びて、「軍部大臣現役武官制」の復活をテコに、政界の主導をとるに至ったのです。

「皇道派」弾圧に力を尽くした陸軍省の「梅津次官」、参謀本部の「石原第一部長」らが、まず勢力を握り、石原の「満州」転出後は、梅津・東条らのグループが権力を握りました。

彼らが新官僚と結び、政界の牛耳をとった時、「日中戦争」は長期化し、戦争が日本の常識みたいな状態に近づいていったのです

今日は最後までお読みいただきありがとうございました。(SORA2018事務局)

スポンサーリンク



※ブログ内の記事はこちらからどうぞ。



※旅行に関するブログです。興味がある方は覗いてください。