google-site-verification: google7d63d4ae4f776a04.html

【自動車が空を飛び回る】日が近い?

【自動車が空を飛び回る】日が近い?

こんにちは。uwabamiです。こんにちは

私が「なんてこったい!」と感じた事柄を書いてみました。

みなさんにとってはなんてことない事柄もあるとは思いますが、お付き合いいただけると幸いです。

それでは、本日の「なんてこったい!」は

【自動車が空を飛びまわる!?

先日、衝撃的なニュースを見てしまいました。

それは「”空飛ぶ自動車”が実用化に向けて技術開発や法整備の検討が始まっている」というものでした。

一見すると、とても夢のあることのようにも思えますが、ちょっとまってください。

冷静になってよく考えてみると、私の背筋は凍りつきました。

みなさんご存知ですか? 交通事故がどれくらい起こっているか…

交通事故に関する統計は警察庁と公益財団法人 交通事故分析センター(ITARDA)によって行われていますが、統計自体は戦後間もなくの1948年まで遡ることが可能です。

交通事故の統計グラフ

この統計によると、自動車の保有数の増加に伴い事故発生件数も増加しており、一時は年間100万件に届く勢いでした。
現在は、減少傾向にはありますが、70年も経過しているのになくすことはできていないのです。

スポンサーリンク



負傷者(中には死亡例もふくまれます)の推移も同様です。

交通事故負傷者のグラフ

現状、『前後左右だけ』の2次元的な動きの中でさえこの有様です。これに『高さ』を加えた3次元的な動きになったらと考えると、もう外を歩けなくなります。

もしかしたら「クルマが、空から降ってくる」んですよ!怖くないですか?

私は、決して”空飛ぶ自動車”の実用化に向けての研究や開発を否定するわけではありませんが、まず先に解決すべき問題があるのではと考えています。

もちろん、現状の自動車の安全に対する技術の向上は目覚ましいものがあります。関係する方々の血のにじむような努力も、わずかではありますが知っています。

しかし、現状からするとまだ”空飛ぶ自動車”はない方がいいと真剣に思います。開発・研究する方々の更なる努力と健闘を願うばかりです。



また、安全技術が向上してもそれを使う私たちに問題があれば、何の意味もなくなります。問題は山ほどありますよね…

「スピード超過」「過積載」「あおり運転」「信号無視」などなど私たち”使う側”の問題を解決できれば上のグラフは全く違うものになるでしょう。安全技術に起因する交通事故は現在ではほとんど無いのではないでしょうか。

完全な「自動運転」にはほど遠いものですが、ある程度の運転支援技術は確立していますし、実用化もされています。
しかしながら、その運転支援機能を搭載したクルマでさえ事故は起きています。

その原因は「運転支援機能の限界を超えた運転」をしてしまうか「運転支援機能の限界」を使用者が理解していないかです。

ことわざに【人を殺さず、薬師人を殺す。(くすり ひとをころさず くすし ひとをころす)】というものがあります。

「””それ自体は人を殺さないが、それを”処方する人”の判断が間違えば、人が死ぬこともある」という意味です。つまり”それ”を使う人間が判断を誤ると”それ”は危険なものになるということです。

クルマの安全技術は日々向上しています。私たち使う側はどうでしょうか?統計上のデータからしても答えは…考えるまでもありません。

交通事故は無くなっていないのです。安全技術を間違った判断をすることなく、正しく使えるようになりたいものです。

ありがとうございました。

終わりまで読んでいただき、ありがとうございました。(SORA2018事務局)

※関連記事はこちらからどうぞ。

※旅行に関するブログです。興味がある方は覗いてください。

※無料写真ダウンロードも開設しています。