google-site-verification: google7d63d4ae4f776a04.html

天変地異

【天変地異】古代アジアの異変(太陽編)

こんにちは、ワカマツです。 「天変地異」という言葉の「天変」とはなにか。 天空に現れる変事、天象の怪異で、日・月・星・辰・雷・雲・風・雨などの異変の総称として使われています。 天の下の地の異変の対語ということですね。 中国周の時代に、これらに異常の変動があると、巫祝官がこれを占って、その吉凶を判別していました。 では、どういった現象が「天変地異」とされていたのか、をあげて見ます。 ●天が怒って、五 […]