google-site-verification: google7d63d4ae4f776a04.html

天皇

【古事記】と【日本書紀】、どこがちがう!?

こんにちは、ワカマツです。 日本の歴史を語るうえで必ず引き合いに出されるのが「古事記」と「日本書紀」ですね。日本最古の歴史書になるわけですが、古代日本の創世神話をみるにはこれしかありません。 もちろん、歴史的価値や史料としての重要性は第一級で、ある意味すべてがここから始まるといっても過言ではないでしょう。 今回はこの二つの歴史書がどのようにして生まれたのか、また、どこがどうゆう風に違うのかを記して […]

【日本の元号】災いから見る改元事情

こんにちは、ワカマツです。 平成年間もいよいよ終わりが近づいています。残すところ4ヶ月余りですが、日本にとって元号は、まさに象徴的で存在感のある呪力にも勝るものであると感じます。 西暦だけにしてしまえば何も考えなくて済むのでしょうが、あえて東洋的存在価値の中でいうならば、日本創生神話から続く神道の象徴と言えるのではと思います。 さて、次の元号は何なのか、4月1日に発表になりますが、とても気になると […]