google-site-verification: google7d63d4ae4f776a04.html

自然災害

【天変地異】古代アジアの異変(太陽編)

こんにちは、ワカマツです。 「天変地異」という言葉の「天変」とはなにか。 天空に現れる変事、天象の怪異で、日・月・星・辰・雷・雲・風・雨などの異変の総称として使われています。 天の下の地の異変の対語ということですね。 中国周の時代に、これらに異常の変動があると、巫祝官がこれを占って、その吉凶を判別していました。 では、どういった現象が「天変地異」とされていたのか、をあげて見ます。 ●天が怒って、五 […]

江戸時代の怪奇現象

こんにちは、ワカマツです。 江戸時代の書物には、今でいう「怪奇現象」という記述が沢山残されています。この時代だからこそ起こり得たという出来事もありますが、いわゆる「がさネタ」も多く存在します。 今回はその中でも信用性のある資料をもとに「江戸時代の怪奇現象」という命題で話しをしていきたいと思います。 空を飛ぶ火の玉、火を吐く狐、飛行する神々と、揚げれば切りがありません。摩訶不思議な出来事の数々を拾い […]

【防災対策】から見る、「南海トラフ」の怖さ

こんにちは、ワカマツです。 2018年、平成最後の年ですが、今年は全国的に自然の猛威にさらされた年でもありました。7月の西日本豪雨、8月から9月にかけての大型台風の上陸、そしてダメ押しを食らわせるかのような北海道胆振東部地震、まさに自然災害の当たり年でもありました。 また近頃では「南海トラフ」についての記事が多く乱れ飛んでいます。気象庁が今年になって発表した「30年以内に70%~80%の確率で発生 […]

【自然災害】三陸津波の歴史から見た「東日本大震災」

こんにちは、ワカマツです。 みなさんも記憶に新しいとは思いますが、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、マグニチュード9.0、発生時においては観測史上最大の地震とされています。 この地震により場所によっては津波の高さが10メーター異常にも達した地域もあり、壊滅的な被害をもたらした自然災害であったということです。 何よりも大きな衝撃だったのは、この津波の影 […]

【自然災害】浅間山の大噴火、世界史に残る災害

こんにちは、ワカマツです。 「天明の大噴火」と呼ばれ世界史にも影響を及ぼした浅間山の大噴火、記録に残る限りでも日本の歴史において、最大の噴火による災害をもたらしています。 今回はその大噴火の記録を記した資料の中から、具体性のある記述を参考に書いていきます。 🔶史上最大の火山災害 ■大噴火までの概要と経緯 天明3年(1783)7月の浅間山大噴火、当時の呼び方に従うなら「天明の浅間焼け […]

【自然災害】石垣島を襲った大津波

こんにちは、ワカマツです。 自然災害には「想定外」という言葉は通用しません。災害の歴史を見ても大地震と大津波はセットになって、常に日本を襲っています。 2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」、この時に起きた大津波は記憶に新しいと思います。 よく「天変地異」といいますが、やはり歴史から学び、その教訓を生かして未来に繋ぐ、と言う考え方がこれからの日本に必要ではないかと感 […]

【自然災害】雲仙普賢岳噴火の歴史

こんにちは、ワカマツです。 12月に入り朝夕の気温がかなり下がってきましたね。東北・北海道では雪の被害も出てきていますが、九州北部では日中も日差しがあれば15℃近くまで上がります。 紅葉も終わり冬本番にですが、体が寒さに慣れていないこともあり、朝の寝起きがつらいです。   しかし、ガソリン代が相変わらず高い水準で推移しています。産油国の増産見送りもあって、これからも高値で推移する様相です […]

大正の【関東大震災】は予知されていたのか!?

こんにちは、ワカマツです。 10月29日(月)、3年ぶりに福岡で大学時代から付き合いがある友人と再開ができました。 横浜在住で福岡に仕事できて時間を割いて会ってくれたのですが、久しぶりに天神の居酒屋で酒を酌み交わしながらの再会に話が咲きました。 彼は学生時代から史学を学び、特に日本史に関しては膨大な資料をかき集めて持論を展開し、各雑誌にも独自論が掲載された経験を持つ人物です。 自分以上に自然災害に […]