google-site-verification: google7d63d4ae4f776a04.html

長崎

キリシタン弾圧、踏絵と島原の乱

こんにちは、ワカマツです。 前回の記事で(江戸時代の独占オランダ交易の背景)の冒頭で、私がキリシタンであるということを書きましたが、もちろん自分が好きで選んだ宗教ではありませんでした。 親がカトリック教徒で、その流れを酌み、ごく自然に生まれたときから、私はカトリック教徒として人生を歩んできました。 母親は長崎県の五島出身で、隠れキリシタンの流れを酌む家系でした。その中で幼いころに洗礼を受け、毎週日 […]

江戸時代の独占オランダ交易の背景

こんにちは、ワカマツです。 私自身がカトリック教徒であるということを、まずお伝えしておくとともに、現代においては誰もが宗教を自由に選ぶことができ、また、それを批判することは決して行ってはいけないと考えております。 江戸時代の貿易に関する事項を語る時に、キリスト教の布教活動と貿易が密接で、不可欠であったのは言うまでもありません。 この当時の日本ではキリスト教の信仰は、現代でいう新興宗教であり、神道や […]